みんなの手 モリコロから繋げよう!  

vision


愛・地球博から14年が経ちました。

2005年、「大交流」「自然の叡智」という理念を掲げて開催された愛・地球博(日本国際博覧会)。
世界中から訪れた多くの来場者で賑わい、大盛況に終わったこのイベントは、愛知県における平成の象徴的なイベントとなりました。
会場の跡地は現在、愛・地球博記念公園「モリコロパーク」として、市民の憩いの場に生まれ変わっています。
「シャララ万博カーニバル」は、この公園で開催するに相応しく、老若男女、国籍問わず沢山の人々が交流して、地域の平和と活性化を目指す事業です。

モリコロパーク近隣地域。

モリコロパーク近隣都市の長久手市、日進市 等は、少子高齢化が進んだ現代では非常に希少な、「新世代の家族が増加している地域」です。
 
新しい世帯が増える良い傾向の側面には、地域内での良質なコミュニケーションを取ることが難しくなるという問題点もあります。
代々その土地で暮らしている世帯と新しい世帯との交流がない状態が続くと、それが徐々に隔たりや疎外感となってしまうことも少なくありません。
もちろん、人口が増えているとはいえ、他の地域と同じように少子高齢化も進行していきます。この地域にも多くのシニア層がいらっしゃいますが、様々なスキルを持った元気なシニアでも、活躍の場はなかなか見当たりません。
全国的にも、同様の問題を抱えている地域は少なくないですが、打つ手がないというのが現状です。

エンターテイメントによる地域活性。

昨今、子供たちだけでなく大人やシニア向けにも、趣味や実務の習い事は、数、種類ともに増えてきています。学校の部活などでも、昔は聞かなかった新しいジャンルが取り入られるようになってきました。
その活動の成果をステージや発表会など、人前で表現する機会も昔に比べると非常に増えています。
我々「シャララ万博カーニバル」実行委員会は「愛・地球博」の理念を継承すべく、自己表現のステージを通して参加した人々が感動し、地域社会に元気が生まれることを軸に、イベント開催に向けた過程を通して新しい交流を促します。
垣根を外した多種多様なコラボレーションをすることにより、世代や国籍、種目やジャンルなどのカテゴリーを超えて「大交流」します。

「エンターテイメント」・・・皆さんは、プロが演出して出演し、観客として楽しむステージを想像するのではないでしょうか?

我々の考えるシャララ万博カーニバルの「エンターテイメント」は、参加者がステージの上から家族や友達、地域の人達など、多くの観客に喜んでもらう「自分で創るエンターテイメント」です。
そのプロセスの中では様々な交流が生まれます。
スキルを持ったシニアが子供達に演技や演奏を教えたり、子供達がシニアにダンスや歌を教えたり、学生が外国人に日本の伝統芸能を教えたり・・・。


このイベントに参加することによって生み出される数々の経験は、将来の人間形成に大きく関わってくるはずです。
きっと、これからの社会に求められる「多様性」「柔軟性」を持った人へと成長できることでしょう。

ステージでのパフォーマンスはほんの数分です。
その目標に向けて、みんなそれぞれのストーリーが始まります。
その過程でドキドキしたりワクワクしたり。
性別や年齢は関係ありません。


本番当日、ワクワクした笑顔で会場にやって来て、帰り道、シャララを歌いながら満面の笑みを浮かべたみなさんを想像しています。

万博の理念を継承した子供達の5年後、10年後の街。
「多種多様性に溢れた元気な街」になっている事を我々のvisionとします。

共に応援し感動しませんか?


シャララ万博カーニバル実行委員会代表
神保 慎一郎 略歴

1990年 プロドラマーとしてキャリアスタート地元愛知県や岐阜市で演奏活動やレッスンを行う

1999年 キーボード奏者 喜多郎 のワールドツアーに参加その後南米ツアー、東南アジアツアー、ジャパンツアーに参加

2005年 Gorin Music Studio設立


Gorin Music Studio GRN powerful batteries Live


2007年 CD Just A Game プロデュース 発売

2014年 GORINENTERTAINMENT開催
チアダンス、安来節、男子新体操、男子チアリーディング、とロックバンドのコラボ

2015年 GORIN ENTERTAINMENT 開催
男子新体操、女子新体操、ゴスペル、和太鼓とロックバンドコラボ


2016年 sha-la-la万博サンバ 作製

2017年 DVD 発売

2017年8月20日万博サンバフェスティバル (旧名称)開催





2018年8月26日シャララ万博カーニバル 開催





PAGE TOP